外壁塗装についての基礎知識|古くなった住宅を外壁塗装で大変身させよう|ロゴロゴロ

外壁塗装業者がどのような作業に対応しているのか知ろう

外壁塗装についての知識を深めよう

外壁塗装を検討しているのであれば、どのような塗料があるのか、どのような目的に対応できるかなど、基礎的な知識を知っておきましょう。実際に施工する際に役立つはずです。

外壁塗装の目的ランキング(外観を綺麗にするは除く)

no.1

防水性を高める

ランキング第一位は防水性を高めるという目的でした。防水性が高ければ、雨が降っても水はけが良くなり、家がジメジメするということを防げます。また、湿度が高い時期に外壁にカビなどが発生することも防ぐことができます。防水性を高めたいという理由で外壁塗装をする人が多いのですね。

no.2

遮熱性を高める

ランキング第二位は遮熱性を高めるという目的が選ばれました。外壁塗装の塗料によっては、遮熱性が高いものがありますので、そういったタイプの外壁塗装をすれば、夏場もクーラーを使用する頻度が少なくて済みます。外壁塗装は環境に対しても優しいのですね。クーラーの使用する回数が少ないので、長期的な目線で見ると家計も助けてくれるといえるでしょう。

no.3

耐久性を上げる

ランキング第三位に選ばれたのは耐久性を上げるという目的でした。外壁塗装で壁の強度が上がることで、家全体の耐久性もあがります。現在の家に長期的に住む場合、定期的に外壁塗装を行うと家が長持ちします。売却するときも、外壁塗装をしていれば高く売れることが多いです。いずれにしろ、所有している戸建てがあれば、外壁塗装を検討してみると良いでしょう。

外壁塗装についての基礎知識

刷毛

塗料の種類を知ろう

外壁塗装の塗料からまず見ていきましょう。主なものを三つ挙げていきます。一つ目はウレタン塗料です。比較的安価な塗料であり、密着力が高いものになります。外壁の塗料が剥がれてしまっている部分にも使用できます。二つ目はシリコン塗料です。シリコン塗料は今主流の塗料で、値段的には安くもなく高くもなくというところです。耐久年数が長いので、コストパフォーマンスはよいといえます。三つ目はフッ素塗料です。こちらは三つの中では一番値段的には高いですが、耐用年数も長いです。京都の外壁塗装業者ではこの三つのタイプに対応していますので、予算などを考慮して検討してみましょう。

屋根塗装について

外壁塗装の業者は外壁以外にも屋根塗装などを行っています。屋根については家によってさまざまな形状がありますが、年数が経つと塗り直しが必要になります。外壁塗装の見積もりで業者に訪問してもらった際には、家全体をみてもらい、外壁塗装以外の作業をした方がよいのかどうか判断してもらいましょう。

その他板金工事なども対応可能

外壁塗装の業者によっては、防水工事などの板金工事に対応しているところもありますので、家に関するさまざまな悩みを全部相談してみましょう。家のトラブルを一気に解決できるかもしれません。